2012年10月30日

Somatic Education の アレクサンダー・テクニーク

アレクサンダー・テクニーク は極言すれば、

『何であれ自分自身で固めていることに気づいて、それを手放してみるレッスン。』

といえます。自分自身で固めているのは、からだであったり、思考(固定観念)であったり、先入観であったりします。レッスンでは、「からだ」の緊張に気づく事から始め、それを手放す事を学びます。特に首と頭の関係をうまく保つ事で、からだ全体に良い影響を与える事がわかって来るでしょう。
 信じられないと感じられるかもしれませんが、自分自身で固めているからこそ、それを手放す事が出来るのです。学びが深まれば、考え方や、感じ方、先入観にまで気づきが広がります。

 この『気づく』ということこそ、『言うは易く行うは難し』です。それに取り組む事は、初めのうち雲を掴むようなものかも知れません。ただ、何となく楽になったり、気持ちいいと感じたり、解放感を感じる様です。それに助けられ、続ければ、山あり谷あり、気づかないようにしていた痛みに気づいたり、それまで感じた事の無いような気持ち良さや解放感に出会う事でしょう。
 あなたの潜在能力を、潜在している何ものかを浮き上がらせます。深めれば、あなたの人生に大きな影響を与える事でしょう。



腰痛、背痛、肩こり解消
パフォーマンス向上
ダンス、演奏、ボイス、演技



 まずは、身体としての「からだ」を通してワークします。
 Somatic Education では、初めのうち テーブルレッスン を大切にします。からだの構造を知らぬ間に学んでもらったり、ゆったりと気持ち良い、固めていない状態を体験してもらいます。

 徐々に生徒が普段の生活でしている動作を取り上げて、より合理的に楽にそれが出来るようにお手伝いします。その延長に、演奏や唱、ダンスなどの パフォーマンスの向上に取り組みます。


『頭と首と背中の関係をとくに重視する。』

『余分な癖に気づいて、それを手放していく。』


 合理的な体の使い方が身に付いて来るに従って、そして、自分自身が何をしているか気づきが深まって来るに従って、様々な自分自身で造り出している問題が自然と解決していきます
 例えば、腰痛であったり肩こりであったり。また、上達の頭打ち状態から回復して、パフォーマンスが上がったり。
posted by kansan at 16:16| home